パーツごとのケアで効果UP!?『顔のパーツごとの保湿方法』

こんにちは!あかにゃんです。

 

これまでこのブログでは、お肌の乾燥対策として「保湿ケア」「湿度を上げる」などの方法をいくつかご紹介させて頂きました。

 

その中で皆さんが乾燥対策をしようとした時に、一番効果が実感しやすい方法はやはり「化粧品を使用する保湿ケア」ではないでしょうか?

“乾燥肌用の化粧水”などもドラックストアなどで手軽に手に取ることができるので、最も馴染みがある方法でもあると思います。

 

そこで今回はいつもの保湿ケアの効果をアップさせるために役に立つ

「顔のパーツごとの保湿方法」のお話です♪

 

f:id:akanamatsu:20180131200918j:plain

 

顔の中でも特にケアしたい部分は目元、口元、Tゾーン、頬の4つです。それぞれのパーツは皮膚の厚みや皮脂の出る量などが異なるので、すべてを同じ保湿方法でカバーしきるのは難しいと言われています。

 

各パーツに合った正しいスキンケを行うことでよりお肌にうるおいが増し、今の時期もつらい乾燥に悩まされずに、快適に過ごすことができるかもしれません。

 

それでは目元から「パーツごとの保湿方法」をそれぞれご紹介します!

 

・目元

 →目元は皮膚が薄く、皮脂が少ないため顔の中でも特に乾燥しやすい部分です。目元が乾燥すると、シワやたるみが目立ってしまうので、注意しましょう!

対策方法:保湿しながら、肌の保水力も高めてかつ、皮脂を補う効果のあるセラミドなどが配合された化粧品を使うと良いです。皮膚が薄いので、化粧品を使用する際にはこすりすぎないように意識してお肌を傷つけないようにしましょう

・口元

 →口元は目元と同様に皮脂が少ない箇所です。飲食を繰り返すうちに口元が汚れ、お肌が刺激されるので乾燥します。

対策方法:口元を洗う時にこすりすぎたり洗いすぎたりせずに「優しく洗浄」をすることがケアのコツです。また乾燥してカサカサしている時はリップクリームやリップ専用のパック、美容液を使いましょう♪

・Tゾーン

 →Tゾーンは脂っぽいイメージなので、保湿ケアを怠ってしまっている方も多いかと思いますが、乾燥して水分が蒸発しているために皮脂が多く分泌され、脂っぽくなっていることもあるので、Tゾーンでも保湿は重要です。

対策方法:クレンジングやピーリングは必要以上に皮脂を洗い流してしまう可能性があるので、乾燥している時はなるべく使用しないようにすると良いでしょう。

洗顔後すぐに化粧水や乳液でお肌を保湿すると乾燥を防くことができます!

・頬

 →頬は乾燥すると特にカサカサが目立つ場所です。また、乾燥によってバリア機能が低下するのでニキビやたるみなどのお肌トラブルを引き起こします

対策方法:洗顔やクレンジングの見直しをしましょう。自分のお肌に合った優しいものを使うことでお肌を傷つけず、乾燥肌を素早く治すことが可能になります! 

また頬の場合は、目元の対策方法でもご紹介したセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が多く配合されている化粧品を使うのもオススメです(´▽`*)

 

f:id:akanamatsu:20180209222050j:plain

 

乾燥肌や敏感肌、その他のお肌トラブルなどで傷ついたお肌を回復させるには保湿が最も効果的です。

たくさんの化粧品に触れ、その中から自分のお肌に合った化粧品を見つけることは、乾燥肌を防ぎ、美肌になるための方法になります。

 

私は美肌になるためには「どれだけ自分のお肌に時間をかけられたか」が重要だと思っています。

将来のお肌のことも考えながら一つ一つのケアをしていきましょう。

 

f:id:akanamatsu:20180201140416j:plain